Casa de TAKE4

ストレートネックとリラックスの関係②

2018年10月18日

スタッフの渡部睦美です。

昨日今日と、起きたら晴天で、お布団干したり洗濯したり、いい気分です♪

写真は、マルセイユの友人宅からの眺めです。

さて、前回のブログの続きです。

骨盤高位の体操の時に気をつけてほしいもの、

それはです。

さらに言えば、毎日眠るときも枕の形には気をつけていただきたいです。

みなさんのいつも使っている枕はどんな形をしていますか?

その枕は、みなさんの首をどのような形にしていますか?

何故、首のカーブの違いで、リラックスの度合いが変わってしまうのでしょう?

簡単な実験をしてみましょう。

バスタオルを一枚ご用意ください。

そのバスタオルを、首の下に収まるくらいのロール状に巻いてください。

これを枕にして仰向けに寝ていただきたいのですが、

以下の二つの状態で、腰のカーブの形を確かめてみてください。

①バスタオルを、肩に沿うように首の下に置く

②バスタオルを、後頭部の下に置く

それぞれの状態で仰向けのまま腰のカーブに手を入れてみてください。

手がすっと入るかどうか、違いはありますか?

おそらくほとんどの方が①のほうが手が入りにくい=隙間が狭い=弱いカーブになるのではないでしょうか。

背骨はリラックスすると、寝ているときのカーブは緩やかになります。

②の状態だと、背骨はリラックスできず、腰のカーブは強くなります。

つまり、首のカーブは、背骨全体のリラックス状態にダイレクトに影響するのです。

なので首のカーブが弱い方は、身体全体をリラックスさせるのが苦手なのです。

さらに次回に続きます。

 

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.