Casa de TAKE4

骨盤ケアで生まれた赤ちゃん

2018年10月3日

スタッフの渡部睦美です。

昨日、産後5か月の赤ちゃんを連れて、あるお母さんが整体に来てくださいました。

彼女は妊娠初期に腰痛がひどくなり、まおんでトコちゃんベルト指導を受け、

その後の経過は順調、お産も安産だったということでした。

驚いたのは、生後五か月のその赤ちゃんの発達の良さ。

力強いずり這いでどこへでも行けます。

身体も気持ちもリラックスできていることが見て取れるような赤ちゃんです。

施術室まおんには時々こんなスーパーベイビーが現れるのですが、

実はお母さんは、赤ちゃんのこの状態に自信が持てなかったということです。

話を聞くと、

「私も主人も決して健康体ではなくて、どちらかと言えば身体が弱い方。

きっと生まれてくる子も弱い子に決まってる」

とずっと思っていたようです。

あまりにも赤ちゃんが泣かなくて、病院に相談に行こうかとも思っていたそうです。

でも、だからこそ、妊娠中の骨盤ケアは早くに始められましたし、真面目に取り組まれたようです。

その成果は、赤ちゃんに十二分に表れていると思います!!

私は子育ての経験がありませんが、

多くのお母さんはご自身の子育てに自信が持てません。

自分のこと以上に色々なことを不安に思ってしまったり。

何が正解なのかわからなかったり。

育児の疲労でそもそもの判断力が鈍ってしまったり。

ホルモンのバランスも不安定な時期です。

そんなお母さんの不安を、できる限り取り除いていきたいな、といつも思っています。

本当に微力なんですけれどね。

そして、こんなスーパーベイビーに会えたときは、本当に嬉しいです。

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.