Casa de TAKE4

首のカーブは、大人にも赤ちゃんにも。

2018年10月1日

スタッフの渡部睦美です。

昨夜、大型台風が関東をかすめていきましたが、皆様ご無事でしょうか。

今日は打って変わって気持ちの良い晴天となりましたね。

先日、義母のブログで気になる記事を見つけました。

「魔女のひとりごと」

(↑ブログに移動します)

義母が、ストレートネックの妊婦さんのリスクを言い当てたものです。

ブログを見つけた同じ日に、まおんにはストレートネック気味の生後一か月半の赤ちゃんが来室していました。

妊婦さんだけでなく、赤ちゃんでも首の緩みや前彎が乏しいと、少し苦しそうに見えます。

最近は昼寝がなかなかできなかったそうなのですが、

身体を緩める施術をしてスリングに入れたところ、ぐっすり眠りました。

赤ちゃんの首の周りにこわばりがないか、気をつけて見たいのは以下の点。

・二重あごになっていないか

→二重あごになっているのはあごを強く引いているから。呼吸も苦しいです。

・指しゃぶりの状態

→この赤ちゃんは手の甲を吸っていました。これは肩や首、胸周りにこわばりがある証拠。

。。こわばりがなければ、手を口に持っていくと、親指か四本指が口に向かいます。

。。これが自然で、望ましい形の指しゃぶりです。

首周りのこわばりの強い子は、程度にもよりますが、常に機嫌が悪かったり、寝つきが悪かったり、血色が悪かったり。

こういった症状が現れない軽度のものであっても、首の動きが乏しいため、絶壁の頭になりがちです。

義母のブログは勉強になるのでいつも見ています。

勉強になるだけでなく、常に日本中を移動している義母の日常も把握できます。

特に昨日のような天災の後は安否確認にもなっています。

まるまる育児に興味のある方は、

「魔女のひとりごと」をぜひご覧ください。

たくさんの患者さんの症例が、写真付きで掲載されています。

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.