Casa de TAKE4

Tさんのこと②

2018年9月12日

スタッフの渡部睦美です。

Tさんとの出会いのお話の続きです。

そんな経緯で、Tさんと、Tさんの第一子のSちゃんと、初めてお会いしたわけです。

その日は早い桜が咲き始めているのに、突然冬に逆戻りしたような冷たい雨の降る日でした。

Sちゃんは身体のこわばり、特に首周りのこわばりが強く、

表情はしかめっ面、肌の色も紫がかっていました。

リビングには天使の寝床、おひな巻き、スリングも二本ありましたが、

Sちゃんの身体の状態では、当然うまく使えません。

まずSちゃんの身体を整体でゆるめ、しばらくスリングで丸めて、

まるまる育児の話などして過ごしていると、

Sちゃんの表情は穏やかに、呼吸は深く、血色も良くなっていったのでした。

お母さんのTさんはその後外出もできるようになり、家族ぐるみでまおんに通ってくださっています。

それにしても、Tさんはあの産後の二か月間、どれだけ大変な思いをしたことでしょう。

最初にお電話をいただいたとき、「行きます!」と即答できなかった自分が悲しいです。

Tさんのようにハッピーなはずの産後を大変な状態で過ごされている方は、少なからずいらっしゃいます。

そんな人には、まるまる育児のような方法や、まおんのような場所があるということを知っていただけたらな、と思います。

そして電話を頂いたら、必ず助けに行きたいと思っています。

そんなわけで、第二子を出産し、元気に過ごしているTさんに会えるのは、とっても嬉しいのです!!

施術室まおんでは、どうしても外出できない方のための出張整体も受け付けています。

産後、赤ちゃんが寝てくれない、泣いてばかり、

ご自身の身体が辛くて外出できない。

そんな方はどうぞご相談ください。

 

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.