Casa de TAKE4

お父さんの育児参加

2015年3月5日

先日カポエイラ仲間のA夫妻が、産後4ヶ月になるお子さんと施術に来てくれました。

メインはお母さんの骨盤調整。

と同時に、赤ちゃんの向きぐせや身体のこわばりなどもチェックしてゆきます。

image4

旦那さんは、奥さんの出産直前に1人で来て、まんまるねんねやスリングの使い方を勉強していました。

そして今では、奥さんより上手にスリングが使え、寝かしつけは彼の仕事になっているそうです。

施術中も、お父さんの上手なスリングのおかげで、ほとんど泣くことなく過ごしました。

この日は首の据わった赤ちゃん用の、新しいスリングの使い方を伝授。

image1

早速器用に使うお父さん。

腱鞘炎になってしまったお母さんには、手首に負担のかかりにくい抱っこの仕方も練習してもらいました。

image10image9

イクメンという言葉がだいぶ浸透してきています。

今や、育児に参加しないお父さんは肩身の狭い思いをすることもあるようです。

「俺だっておっぱいが出れば。。。」

というお父さんの声も良く耳にしますが、こればかりはお母さんの特権。

おっぱいは出なくても、お父さんがスリング名人になるのは、非常に有用なのではないかと確信しました!!

この後はみんなで近所のタイ料理屋さんへ行きました。

食事中、赤ちゃんはお父さんのスリングの中でご機嫌!お母さんもご機嫌!!

A夫妻、これからも良い子育てを!!

image3

また来てね♪

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.