Casa de TAKE4

あぐら用クッション

2014年4月9日

現在発売中の雑誌「赤ちゃんが欲しい・2014年春号」で、渡部信子先生の特集ページが掲載されました。

その中で、あぐら用クッションが紹介されました。

P1010676

当院にベルト着用指導に来てくださった方は見覚えがあると思います。

施術室まおんのベルト着用指導では、日頃の姿勢について詳しく説明しています。

なぜなら、正しい姿勢でいると内臓の下垂を防ぐことができるからです。

ただ、この正しい姿勢。

普段姿勢の悪い方は、慣れるまではけっこう大変です。

基本は、骨盤を立てること。

骨盤を立てるとは、どんなことでしょう?

次の二枚の写真の違い、わかりますか?

P1010677P1010678

背中のカーブが違いますね。

上の写真は背中がなだらかな曲線を描いていますが、下の写真は背中がS字にカーブしています。

正しい姿勢=骨盤を立てた姿勢は、どちらでしょう?

下の写真です!!

この姿勢、慣れるまではなかなか大変なのです。慣れればこんなに楽な姿勢はないのですが。

この姿勢のキープを手伝ってくれるのが、あぐら用クッションです。

お尻の後ろ半分にクッションを置くと、骨盤をより立てやすくなります。

P1010679

あぐらの時も同様です。

P1010680P1010681

長時間の正座には、足の間に挟み込むのがおすすめ。

P1010682

これはご自宅のバスタオルなどでも転用できますが、あぐら用クッションはビーズでできているため、おしりが沈み込みません。

椅子の時も同様に、お尻の後半分にクッションを置けば、OK。

トコちゃんベルトを仰向けで着けるときの骨盤高位の姿勢にもぴったりです。

内臓の下垂は痔や尿漏れの原因にもなります。

トコちゃんベルトを着用していても下垂感が強い方は、ぜひ、姿勢にも気をつけてみてください。

また授乳用クッションと組み合わせてお昼寝ベッドにもできます。

まんまる寝んねができますね。

P1010684P1010685

あぐら用クッションは当院でご購入いただけます。

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.