Casa de TAKE4

お別れホーダ

2021年6月1日

5月30日(日)、駒沢公園でイタリア人メンバー「クリオー」のお別れホーダを行いました。
クリオーとは約5年一緒に練習してきました。
南アフリカに転勤とのことで、これから簡単に会えなくなるのは寂しいですね。
けど、人生とはこういうものです。
僕はカポエイラのおかげで世界中に友達ができました。
今まで出会った人の中には、また会える人もたくさんいると思いますが、それ以上にこの人生の中でもう会えない人の方が多いと思います。
彼が日本から遠い国、南アフリカに行ってしまうことは寂しいことですが、僕にとって今まで全くつながりがなかった南アフリカに住む友達ができ、南アフリカに行けば会えるというきっかけができました。
目黒道場のメンバーのみなさんも胸を張って南アフリカに友達がいると言えますね。
ちなみにクリオーは、来年以降、日本でイベントをする際には戻ってくると言ってくれています。
彼にとっても、過去には全くつながりがなかった日本が特別な国になったということです。
現在はインターネットの普及により、それを通して色んなつながりを持つことができますが、実際に色んな場所に出かけ、色んな人に出会うことは全く違う格別な体験です。
カポエイラは世界中で行われており、共通言語のように世界中の人をつなげてくれます。
僕がカポエイラで得た人のつながりは、かつて野球をしていた時には想像もできなかったほど巨大です。
だからこそ、教員免許を取りながらも、母校からの教員および野球部の指導のオファーを断って、今でもカポエイラを続けられています。
全ての人にとってカポエイラがそうなることはないと思っていますが、目黒道場のメンバーにはカポエイラを通して、人生の中にはこのような可能性もあるのだということを体験してほしいと願っています。
うちのグループの本部の代表であるメストレ・カマレオンは、「カポエイラの持つ価値観を世界の3割か4割の人が共有出来たら、その時は世界から戦争が無くなる」と言っていますし、僕もそれを信じています。

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.