Casa de TAKE4

バルセロナ BARCELONA その2

2017年7月20日

7月5日(水)、この日も早起きです。

なぜかというと、グエル公園に行くためなのですが、8:00までに入ると入場料が無料なのです。

夜が遅くまで明るい分、朝7:00はまだ夜が明けたばっかりです。

そんな中をメトロを乗り継いで、最寄りの駅から約15分歩いて公園に向かいました。

 

グエル公園につくと、同じようなことを考えて集まってきている観光客やジョギングや散歩をしている地元の人がちらほらいました。

グエル公園はガウディが作った公園なのですが、芸術があまり分からない僕にとっては「ふーん、すごいのを作ったもんやね」程度です。

しかし、芸術が分かるむっちゃんは違います。

「何これ!何でこんなものが作れるの!ガウディって本当にすごいわ!どんな頭の中してるのかしら」となります。

僕は無料で入れた満足感、むっちゃんはこのすごい芸術を無料で公開してしまうことへの驚き。

 

バルセロナの街を見渡せるお決まりの場所で写真を撮りました。

IMG_4540

左にちょこっと見えるのがサグラダファミリアです。

 

この座っている部分を横から見るとこんな感じです。

IMG_4542

 

その天井はこんな風になっています。

IMG_4543

 

そして、これまたお決まりの場所での1枚。

IMG_4550

イグアナです。

トカゲ説もありますが、背中にギザギザがついているので、僕としてはイグアナです。

 

ここで、さっさと公園を出てしまうのももったいないので、もう一度上に上がりました。

そうするとさっき見えてなかった部分も見えてきます。

IMG_4559

自然な感じに作られていますが、これもまた人工的なものです。

僕には巨人にしか見えませんが。。。

 

少し散歩をした後、10:30にバルセロナ在住の大学時代の友達と待ち合わせをしているので、バスに乗ってカタルーニャ広場に向かいました。

そのバスはルート的に、これまたガウディの作ったカサ・ミラの前を通ります。

この日は先日のサグラダファミリアと違ってシャッターチャンスを逃しませんでした。

IMG_4567

 

バスが思っていた以上にスイスイ走り、待ち合わせ時間までに少し時間ができたので、近くのカフェで軽く朝食をとりました。

IMG_4569

 

スペインでは朝出勤前にカフェで30分~1時間ほど過ごしてから仕事に向かう人が多いそうです。

何とも優雅な日常でしょう。

日本人もそれくらい余裕をもてればいいのに。

ちなみに、クロワッサンはフランスの方が美味しかったです。

スペインのものも美味しいんですよ。

けど、フランスのものは口に入れて噛む直前にすでに「美味い!」となります。

生絞りオレンジジュースも美味しかったですが、これまたメキシコの方がさらに上。

メキシコの生絞りオレンジジュースはヤバいですよ~

 

さて、無事友達とも合流し、旧市街を散歩しました。

彼女はもう5年以上はバルセロナに住んでいます。

3年位前のマルセイユでのカポエイライベントのときに、わざわざマルセイユまで来てくれました。

2年前に日本に戻ってきたときに東京でも会っているので、バルセロナに住んでいる割に他の大学時代の友達よりもはるかに顔を合わせています。

不思議なもんです。

 

IMG_4573

 

まず入ったのは市場。

この市場は最高です!

入った瞬間にテンションが上がります。

単にモノを売っているだけではなく、色んなものをそこで食べられるのです。

Barもいっぱいあります。

僕はここで1日は時間をつぶせます。

早速ガスパチョからいただきました。

IMG_4571

この暑い時期に冷たいスープは最高です。

 

続いて生ハム。

IMG_4572

たまりません。

 

他にも食べたいものだらけです。

このあとランチに行くんだからと自分に強く言い聞かせ、タラの皮のから揚げだけ買って市場を出ました。

 

続いてまたまたガウディの作った建物、グエル邸。

IMG_4574

屋上にキノコのようなソフトクリームのようなものがのっています。

 

さらに歩いているとわりと広い広場に。

そこでもまたガウディ。

街灯です。

初めて作ったものだとか。

IMG_4577

 

さらに迷路のような路地を進んで大きな教会に入りました。

サンタ・マリア・デル・マル教会です。

この教会のステンドグラスの中に一つだけバルセロナFCのマークがあるとのこと。

中に入ると古くて大きくてとても立派です。

まさかこんな厳かな教会のステンドグラスにサッカーチームのロゴなんて、と思いながら探していると、そのうち3人はどんどん無口になり、真剣になり、自分こそが一番に、となります。

そして、見つけました。

最初に見つけたのが僕でなかったことは確かです。

IMG_4586

分かるかな~

一番下の真ん中なのですが、このときばかりは隣のおじさんの望遠レンズを借りたくなりました。

拡大するとこんな感じです。

IMG_4586 (2)

 

僕もバルセロナFCのマークは何となくイメージはありましたが、これでもう忘れないものとなりました。

 

教会を出て旧市街を抜けると今度は公園に出ました。

その公園の入り口には凱旋門があります。

フランスの凱旋門とは違ってレンガ造りです。

やはり何となくスペインを感じます。

IMG_4588

 

そして、そのあとランチに向かいました。

前日は昼にフィデウア(極細パスタのパエリア)、夜は海鮮パエリア。

けど、スペインにいるといくらでもパエリアが食べたくなります。

せっかくだからリゾット風のパエリアをということで、この日はそれを食べられるレストランに。

一気に場所を変えて、ディアゴナル通りの日本領事館近くまで移動しました。

 

まずはパン・コン・トマテ。

IMG_4595

パンにトマトが塗ってあるシンプルなものですが、このシンプルなものが美味い。

次が来ることを忘れていると無意識にパクパクと進んでしまいます。

 

そして、来ました。

IMG_4596

何で取り分ける前の状態で写真を撮らなかったのでしょうか。。。

けど、これがまた美味しいんです。

「ブイヤベース風おじや」ってところでしょうか。

 

ここで友達とはバイバイし、ショッピングモールを経由してホテルに。

少し休んだら今度はカポエイラです。

マルセイユのイベントでも招待されていたメストレ・シーナのグループがバルセロナにもあります。

そこのリーダーであるセボリーニャ(カポエイラでのあだ名)は2年前のマルセイユでも会っています。

バルセロナに着く前から連絡は取っていたんですが、この日旧市街でもばったり出会っていたのです。

旧市街のある小さな広場に到着したときに、別の路地から出てくる自転車に乗った男の人の横顔がセボリーニャに似ていました。

 

距離は20m、確信はない。。。

けど、観光のガイドをしていると2年前に言っていた。

観光客らしい他の自転車も数台後ろからついてきている、が、確信はない。

とにかく叫ぶ。

「セボリーニャ!!!」

むっちゃんも叫ぶ。

「セボリーニャー!!!」

こんなところで何で俺のカポエイラでの名前が??と周りをうかがっている。

やっぱりそうだった。

 

セボリーニャはこれぞカポエイラコネクションだと言っていました。

 

約束の19:30にバルセロネタ公園に行きましたが誰もいませんでした。

すると、むっちゃんが「ビリンバウの音が聞こえるよ」と。

ビーチを探すとビリンバウが2本立っていました。

近づいて声をかけると違うグループの人たち。

けど、セボリーニャのことは知っているから後で上に上がると言っていたので、少しビーチを散歩しながら時間をつぶしました。

公園に戻るとセボリーニャがベンチに一人ポツンと座っていました。

楽器を演奏しながら歌を歌っていると少しずつ人が集まり、とりあえず少人数だけどホーダ(カポエイラのゲーム)を始めることに。

IMG_4598

 

少人数でしたが、バルセロナでの素敵なカポエイラ交流でした。

やはりカポエイラは世界をつなげてくれます。

IMG_4601

 

終わった後は近くのBarに。

このBarはセボリーニャのおすすめで、安くて美味しいとのこと。

まさにその通りでした。

IMG_4605

 

この店の名前だけはしっかりと憶えています。

バルセロネタの「La Fresca」。

あまりにも楽しい時間だったので、帰りはホテルの最寄り駅まで着いて気づいたのですが、終電でした。

 

こうしてとても濃いバルセロナの2日目が終わっていきました。

>> このページの先頭にもどる

Copyright (c) 2009-2016 Casa-de-TAKE4 All Rights Reserved.